TOP>体を洗う>体を洗う時の知識

ボディーケアの知識

毎日同じ内容のご相談を頂きますので、 このコーナーでは
「石けんとの上手な付き合い方」についてお話しようと思います。

「石けん」はお肌に優しく安心な洗浄剤です。
「石けん」は健康なお肌の方にとっては、毎日「色々な用途」で快適にお使い頂けます。


しかし肌に優しい石けんといえども、時として傷ついたり弱ったお肌には刺激になることがあります。
そう言うと驚かれるかもしれませんが、「傷口」を「水」に浸けると、しみて痛かった経験はありませんか?
それと同様に目には見えない小さな無数の傷(バリアゾーンの破壊)が皮膚表面にある場合は、 ちょっとしたことでも肌には「刺激や負担」になるのです。
(例)バリアゾーンが痛んでいる場合は「風や暖冷房」「水・お湯」や、「タオルで拭く時に起こる摩擦・衣類の素材や縫いしろ」ですら刺激になります。 お化粧品を付けるとシミたり、痒くなったりすることもあります。

皮膚は「タンパク質」で出来ています。
そのままの状態では「異物」が体内に浸透したり、色々な刺激を直接受けるので、皮脂腺から皮脂を出し、脂の膜で表面をコーティングして、「タンパク質を油紙で包むように」保護しています。そのお蔭で身体が守られ、生命が維持されています。
乾燥肌の方や弱肌の方はもともと皮脂分泌が少なめですから、保護する力が弱く、オイリー肌の方に比べてどうしても刺激に弱くなります。

 
洗いすぎに注意しましょう

ボディの汚れには大きく分けて2種類あります。
水で落ちる汚れと、水だけでは落ちない汚れ。
水で落ちない汚れの代表が「皮脂汚れ」です。
定期的に洗わないと「ベタベタ」してくるので石けんを使って身体を洗います。
オイリー肌の方は皮脂分泌が活発です。通常、毎日皮脂汚れを落としたほうが快適です。
乾燥肌の方は皮脂分泌が活発ではありません。(皮脂が足りません。)
だから皮脂を適度に溜め、バリアゾーンを皮脂で満たしシットリさせた方が乾燥せずに快適に過ごせます。

最近のご相談者は「毎日丁寧に洗うこと」⇒「清潔」⇒「オシャレ」と思っている方が殆どです。
しかし、清潔好きのお母さんを持つお子さん程、比例してアトピーが多いとの報告もあります。

毎日ボディを洗剤で洗う必要はありません。
確かに 合成洗剤に比べて石けんの方が皮脂を根こそぎ落とさずバリアゾーンは残してくれるので安心ですが、やはり洗いすぎは身体の皮脂を奪いすぎる結果になります。

乾燥肌の方で、どうしても毎日洗いたい場合は、肌にマイルドで刺激が少なく、洗浄力の強すぎない石けんを選ぶ必要があります。(石けんと一言で言っても原材料などによって洗浄力や使用感は全く異なります。)

もし肌に何らかの不安をお持ちの方が毎日洗うのでしたら、足の裏などポイント部分だけにしましょう。
その他の部分は数日置きに洗うので十分です。(調子を見ながら加減してください。)

超乾燥肌でお悩みの方はベタベタしなければ、殆ど洗わなくても良いと思います。
エチケットとして「臭い」が一番気になるでしょうが、あまりご心配はいりません。
お湯で洗ってもある程度の汚れは落ちます。

ここではお肌の弱っている方を対象にご説明しましたので、健康なお肌の方は、今まで通りに石けん生活を楽しんでくださいね。

 
石けんと合成洗剤の簡単な見分け方

貴方がお使いなのは本当の石けんでしょうか?
「合成洗剤は強すぎる洗浄力や肌内部への浸透性を持つので私は石けんを使っているの!」とおっしゃる方は多いのですが、実は「合成洗剤」を「石けんだ!」と思い込んで使っている方も、結構多いのです。
そこで見分け方を整理してみました。

石けんはアルカリ性です。(アルカリ性以外ありません。)
中性・弱酸性・アミノ酸系と書かれているものは合成洗剤です。
オーガニック・天然成分主原料・植物生まれ・赤ちゃんや環境に優しい等と言う触れ込みで宣伝されていても、石けんでないものが数多く流通していますから、消費者としての選択眼を養うことも大切です。

食酢を使ったご家庭でも簡単にできる石けんと合成シャンプー剤の見分け方


市販の合成洗剤のボディソープを使い炎症を起こした背中。
上部の皮膚がピンク色のブドウ状に盛り上がり特に酷い。
周りも小豆色に盛り上がり、背中の中心が特に色素沈着。

 

「乾燥肌」や「お肌のデリケートな方」の上手なボディの洗い方
「ボディーの洗い方」実践編です。
もちろんお子様にもお勧めです。
この方法は皮膚科医から教わったのですが、お伝えした方々から大好評の方法です。是非お試し下さいね。
洗浄力は「洗剤の洗浄力の強さ」×「肌に乗せている時間」に比例します。
解りやすく言えば
●強い洗剤を長時間、肌の上に乗せて洗うよりも
●肌に優しいソフトな洗浄力の石けんで 短時間に「サッ」と洗った方が、肌への刺激や洗浄力が弱いと言うことです。
 
洗い方のコツ

【1】 なるべく硬いマイルドな純石けんを選び、ネットを使ってモコモコのムース状に良く泡立てる。
【2】 その石けんを使い、手で洗う。(タオルやスポンジは使わない。)一番手洗いが肌にはソフト。
例えば右手にモコモコ泡立てた石けんを持ち、その泡を右足に軽く塗り付けたら、すぐにお湯で右足の石けんを洗い流す。次は左足に石けんを軽く塗り付け、すぐに洗い流す。
要は全身を洗ってからお湯で流すのではなく、 パーツパーツごとに軽く泡で洗ったらすぐに石けんを洗い流す方法です。

たいてい身体は上から下へと洗っていきます。
そうすると首に石けんが付いている時間が1番長く、丈夫な足の裏が最も短いことになります。
身体を洗うのに2〜3分かかったとしたらどうでしょうか?
最初に石けんを付けた首への刺激が最も強くなります。首は皮膚トラブルが出やすい部分です。
そのような訳でパーツごとに短時間で手洗いする方法をお勧めしております。
ご自身の手で洗うのが摩擦が少なく、力加減も出来て一番肌に優しいんですよ!
お子さんをお父様やお母様の手で優しく洗ってあげるのも良いですね!スキンシップにもなります。