TOP頭を洗う>頭髪の悩み解決!頭髪の皮膚科学

頭髪の悩み解決!頭髪の皮膚科学

頭髪に関するご相談者が日増しに低年齢化しながら増加中です。
性別や年齢に関係なく起こる「薄毛・抜毛・細毛」や「頭皮のトラブル・額のブツ」の原因は何でしょうか?
「毛穴に脂がつまるとハゲになる!」って話を本当だと信じていませんか?

アフリカ奥地の原住民はシャンプーなど使わないだろうけれど、ハゲているとは思えません。 犬、猫、ウサギ、羊、熊、リスだって毛穴の皮脂汚れを根こそぎ落とすシャンプーなどで定期的にシャンプーしてはないけれど、ハゲたりもしていません。
「なるほど!」と思われた方は、
◆更に詳しくは下記の「ヘアケアの面から」をご覧下さい。
(実践編)詳しいお手入れ方法もご参考になさって下さい。

◆(皮膚科学編)は下記をお読み下さい。

 
頭髪の悩みにはどんなものがある?

 【頭皮と皮膚の悩み】

●フケ、かゆみ
●イヤな匂い
●頭皮のベタベタ
●頭皮の炎症
●頭皮の湿疹やカサブタ
●おでこや顔、背中のブツブツ

 【頭髪の悩み】

●薄毛、若ハゲ、抜け毛、白髪
●細毛、枝毛、裂け毛、縮れ毛、癖毛
●後退する生え際
●腰のない髪
●キューティクルのはがれ
●パサパサでツヤのない髪

また、髪の悩みは2つに大きく分かれます。
「遺伝的なもの」と「後天的な要因で起きた可能性が高いもの」です。

 【遺伝の代表としては】

●髪の太さや本数、強い癖毛
●白髪になりやすい

 【後天的な要因の代表としては】

●フケ、かゆみ
●イヤな匂い
●頭皮のベタベタ
●頭皮の炎症
●頭皮の湿疹やカサブタ
●おでこや顔、背中のブツブツ
●抜け毛、細毛、枝毛、裂け毛、縮れ毛、ごく軽い癖毛
●キューティクルのはがれ
●パサパサでツヤのない髪
●腰のない髪

   
遺伝的なもの(例・本数が少ない)はどうしようもありませんが、 元々遺伝的に髪が豊かな方も淋しい方もその後の毎日の「ケア方法」によっては「頭皮・毛髪」をすこやかに保つことも、早く老化させてしまうことも可能です。

 

 
日常、積極的に「頭髪の悩み」を改善出来るポイントとしては

バランスの取れた食生活を。
(髪や頭皮を作るのは食で摂取した栄養です。栄養価の高い有機栽培の野菜を食べ、サプリメントに頼りすぎず、なるべく農薬や食品添加物の少ない臓器に負担を掛けない食生活を心掛けましよう。
臓器に負担を掛ける飲食をし続け、臓器の調子が悪くなると、唯一の栄養である血液が調子の悪い部分から優先的に助けようと集中して、末端にある肌、髪、爪等への栄養を後回しにしてカットすることから丈夫な頭皮と健康な髪は作られなくなります。)

なるべくストレスを溜めないように。
美容師さん達は髪をみれば顧客様のここ1〜2ヶ月の健康状態が判ると言います。ストレス解消の方法を見つけましょう。

お風呂でよく暖まろう。
寒くなると体表の血管が収縮し毛根が活気を失います。
積極的に入浴して頭からも汗をかきましょう。
髪のみならず、お肌の老化防止にも役立ちます。

睡眠時間は8時間以上たっぷりと。
身体を休めることはとても大切です。

パーマ・ブリーチやカラーリングなどの化学薬品の使用頻度を減らす。
強力な合成界面活性剤が含まれているので頭皮と髪に浸透して強度の負担を掛けます。
カラーは伸びてきた毛が目立ちにくい色に、カットはスタイルを工夫して毛染めやパーマの回数をなるべく減らしましょう。

毛染めの時は地肌に直接毛染め液が付かないように塗ってもらう。
美容室で頼めばしてくれます。

自宅で毛染めをする時は生え際や地肌にクリームを塗って直接薬液が付かないように工夫。
(ゼノアのビューティシールドやタンノロイド)

毎日繰り返しドライヤーの高温の熱風をあて過ぎないように心掛ける。
過度の熱は刺激になるので普段はタオルドライの後、出来れば自然乾燥を。

髪の洗いすぎに気を付ける。
「清潔好きのお母さんを持つ子供程アトピーが多い。」と言うことが統計的に出ています。

「合成洗剤のシャンプー」を「石けんシャンプー」に切り替える。
頭皮・頭髪になるべく負担を掛けないで汚れだけを落とす洗剤を選びましょう。

「ムース」等の「合成洗剤」を使った「整髪料」を止めましょう。


どれも大切な内容ですが、最も直接的なのが今お使いの「シャンプー剤」の見直しです。
では、どうして「シャンプー」が大切なのでしょうか?

 

 
美容面から

痩せた土地には貧弱な野菜しか育たないのと同様に、傷んだ頭皮からは寿命の短い貧弱な髪しか生えません。
それと同様に「お顔の美容」と「頭皮の健康」は実は一蓮托生(いちれんたくしょう)の関係なのです。
言われないとなかなか気付きませんが、「頭皮」は「お顔」と1枚皮で繋がっています。
頭皮が弱り、弾力を失うと、弛んだ皮膚は重力の関係で当然お顔や首の方に下がってきます。
そうなると今度はお顔が全体的に下がりシワや老け顔を作ります。
健康な頭皮には弾力があります。
頭皮の健康が「若さを追求するお顔の美容」に直結しているのは見逃せない現実です。

また、最近おでこ等にブツブツのある方をよく見かけます。
意外に知られていませんが、「シャンプー剤やリンス剤」の液ダレ(自分でシャンプーする時は下を向いて洗うのでシャンプー剤やリンス剤がお顔を伝わって流れ落ちる事)が多いのです。
その時の残留洗剤やリンス剤(合成界面活性剤)がお肌を刺激する訳です。
また、おでこに前髪を垂らしている場合、髪に残ったリンス剤や毛染めがおでこに触れる度に皮膚刺激して「ブツ」の原因になることもあります。
おでこの「ブツブツ」が気になる方は試しに前髪をピンやカチューシャで上へ持ち上げてみましょう。
改善するかもしれませんよ!

若々しいお顔をより長く維持するためにもシャンプー・リンス剤は洗顔料と同様、慎重に選ぶ必要性があることがお解り頂けましたか!

 
ヘアケアの面から

シャンプー剤によっては「薄毛」や「脱毛」の原因になるのでしょうか?」

先程「毛穴に脂がつまるとハゲになる!」って話を本当だと信じていませんか?
とご説明しました。その続きをお話します。
逆に、そんなに強力な洗浄力を持つ合成洗剤で根こそぎ落とし、清潔にしていると、皮膚の環境が悪化して常在菌が住めなくなります。脂がなくなったら、常在菌は餓死してしまいます。彼らが大勢住んでいるから、黄色ブドウ球菌とか緑膿菌とか白癬菌などの通過菌を撃退してくれるのです。
皮膚を過疎地にしてしまったら、怖い菌類が繁殖して毛穴にもぐり込んで面ポウや吹き出物を起こすのです。
やはり洗うならば皮膚に残った残留分が常在菌の食料となる石けんの方であらうべきでしょう。

「日用品として店頭に並んで販売されている製品が「薄毛」や「脱毛」の原因になり得る?」とは思えないかもしれませんが、健康を損なっても責任を持っていく場所はどこにも無いのです。
何となくご自身の皮膚トラブルの体験で疑問に感じている方は、肌に直接使用するもの、口に入れるもののことを、もっと知り選ぶ目を養う必要があります。

普通に市販されているシャンプーは「合成界面活性剤」という化学薬品によってできています。
「合成界面活性剤」は、頭皮の健康を守る「脂分」を根こそぎ取り去り、その「たんぱく質溶解作用」によって髪や頭皮を徐々に溶かす性質を持っています。
髪のキューティクルが溶かされれば、髪は細く腰がなくなり、枝毛、切毛になりやすくなります。
頭皮のバリアゾーンが破壊され毛母細胞(毛のお母さん細胞)を傷めれば、健康な子供(髪)を作れませんから白髪・薄毛になるのも早くなります。
そして破壊された頭皮からは、シャンプーに含まれる「環境ホルモン物質」が体内に入り慢性的に内臓にも害を及ぼします。

詳しくは「合成洗剤」の研究では日本の第一人者・医学博士の坂下 栄先生の石けんコラムをお読み下さい。実験写真もあります。

食酢を使ったご家庭でも簡単にできる石けんと合成シャンプー剤の見分け方

「石けんサンプル」プレゼント

  製品紹介:ヘアケア製品へ

 

シャンプーリンスの知識
 
シャンプーとは何か

現在市販されているシャンプーのうち、一部の「石けんシャンプー」以外は、ほとんどすべてに「合成界面活性剤」が使われています。
濃度の差はあるものの、食器や衣類を洗う「合成洗剤」と同じものです。
「植物系」「地肌をいたわる」「髪にやさしい」などのキャッチコピーに惑わされがちですが、植物脂はもちろん石油やアルコール、砂糖などからも「合成界面活性剤」を作ることができます。
原料は何であれ、その毒性に変わりはありません。
また、あなたは髪がツヤツヤしっとりするシャンプーが良いシャンプーだと思っていませんか?
合成界面活性剤を水に溶かして作った合成シャンプーは、洗浄力が非常に強力で、髪の脂分やうるおいをすっかり取り去ってしまうため、「合成樹脂」や「湿潤剤」を混ぜて、髪の表面の手触りだけを、いかにもツヤツヤしっとりしているかのように見せかけているのです。
将来的にハゲや薄毛の原因となる可能性があるものは、できるだけ排除するべきです。


 
リンス・コンディショナー・トリートメントは「合成界面活性剤」です

リンス・コンディショナー・トリートメントは使うほど髪を傷めるベースはどれもすべて「合成界面活性剤」です。
水分を逃がさないためや合成樹脂を水に混ぜ込むために「合成界面活性剤」が使われています。
しっとり感を出すために「湿潤剤」を、ツヤ感を出すために「合成樹脂」を入れるなど、うわべだけで髪の毛そのものを改良するわけではありません。
(表面だけ)ツヤツヤしっとりして髪が美しくなったような気にさせますが、むしろ「合成界面活性剤」によってキューティクルが溶かされ、髪そのものは傷んでいます。
おでこや髪の生え際に発疹やブツブツがあるなら、残留したリンスの影響かもしれません。
リンスインシャンプーなどは、洗浄するものと油分という相反するものを混ぜてひとつにするために「合成界面活性剤」をたくさん使います。当然その濃度も毒性も濃くなっています。

 
石けん(石けんシャンプー)とは

石けんは、脂肪酸にナトリウムかカリウムを化合して作ります。すべて自然界に存在する成分です。
人間に無害なことはもちろん、排水として流した場合にも自然に与える影響が少ないのです。
日本人は、昔、洗濯にも洗髪にも石けんを使っていましたが、泡立ちや使く勝手が良い、洗浄力が高いという理由で、合成洗剤と共に合成シャンプーを使うようになりました。
安全より便利さを取ってしまったわけです。
石けんシャンプーにも、純粋な石けんシャンプーと、複合石けんシャンプー(合成シャンプーと石けんシャンプーを混ぜたもの)があるので、購入する際は注意が必要です。